船橋東ロータリークラブ会長挨拶

2020-2021 船橋東ロータリークラブ会長 遠 田   毅


「ロータリーは機会の扉を開く」
Rotary Opens Opportunities

 2020〜21年度 船橋東ロータリークラブ会長を浅学菲才を顧みず再び務めさせていただきます遠田 毅でございます。
 新型コロナウイルス感染症という得体の知れない病魔に世界中が混乱しており、活動が制限され極めて困難な状況ですが、会員皆様の知恵と行動力を糧に奉仕活動をしていきたく思います。一年間どうぞよろしくお願いいたします。
 RI会長ホルガー・クナーク氏のメッセージ「ロータリーは機会の扉を開く」の中でロータリーは、奉仕プロジェクトを実践し、やり遂げる機会を与えてくれます。寄付だけでなく、奉仕活動も行い、その奉仕がもたらす持続可能なインパクトをこの目でみることができます。私たちの中核的価値観を基に、世界中の友人達と共に、より豊かで意義ある人生への機会の扉を開いてくれます。私達のあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いているのです。と説いております。
 RI第2790地区漆原ガバナーは地区スローガンとして「クラブが主役となり、奉仕の理念の実践を!」掲げております。
 奉仕の理念とは「他人を思いやり、他人のためになることをしようという考え方」
 チエスリー・ペリー

 以上を念頭に置きロータリー活動に邁進しましょう。
 ご指導ご鞭撻ご協力よろしくお願いいたします。


2020-2021
船橋東ロータリークラブ会長
遠 田   毅